デイサービスを訪問しました

1月最後の日曜日、ブラウニー(小1~3年)とジュニア(小4~6年)のスカウトで、いつも利用させていただいているもえぎ野地域ケアプラザにあるデイサービスを訪問しました。

 

毎年デイサービスの利用者の皆さんに聴いて頂いているハンドベル。今年ブラウニーは「きらきら星」と「ちょうちょ」、ジュニアは「さくら」を演奏しました。

 

他にもそれぞれのスカウトが得意なこと、ピアノやダンスを披露したり、皆で考えたクイズを出題したりしました。

 

後半は利用者の皆さんにハンドベルを触って頂き、音の出し方をお伝えしたり、手話を教えて頂きながらみなさんと歌ったり。1時間ほどの訪問でしたがとても楽しいひとときでした。

 

スカウトが前に立つだけでも、利用者の方たちがにこにこしてくださり、最初は緊張の面持ちだったスカウトも嬉しかったようです。

 

★イベントのお知らせ★ 3/22(日)五感で感じる「なないろペダル」の世界

イベントのお知らせ、2つめです。

 

五感で感じる「なないろペダル」の世界

 

先日ブログにも登場した、79団の先輩で、南北アメリカ11,000kmを自転車で旅した青木麻耶さんのお話会を後援しています。

 

青木麻耶

1986年神奈川県横浜市出身

元銀座OLから農と狩猟の暮らし。

そして北米アメリカと日本各地の伝統文化や持続可能な暮らしを訪ねる自転車旅を経て、現在はガイドやライター業を通じて世界と日本のローカルな魅力を発信している。

2019年には北米アメリカの自転車旅の様子を綴った「なないろペダル: 世界の果てまで自転車で」(出版舎ジグ)を出版。

 

どうして自転車で旅を?、青木さんが旅を通じて感じたことや出会い、旅を経験した後のライフスタイルなど、地元で直接お話を聞ける貴重な機会です!

続きを読む

★イベントのお知らせ★ 3/1(日)ひなまつり2020

こんにちは。今日は2つのイベントのお知らせです。

 

まず1つめ。

 

ガールスカウトとおいわいする ひなまつり2020

 

79団のガールスカウトと一緒にひしもち型のちらし寿司、フラワーボールを作りながら、ガールスカウトの活動を体験してみませんか?

 

4月から新年度。「ガールスカウト、新学年から入団を検討しているけれど、どんなことをしているんだろう?」という保護者の方にもオススメです。

続きを読む

東日本震災から9年、気仙沼に行ってきました

12月24日、79団のジュニアスカウト2名と、同じく横浜市内で活動する53団のジュニアスカウト1名が気仙沼を訪問しました。

 

2019年3月の絆デイと、11月のハマのサンマまつりでお預かりした募金は、東日本大震災で殉職された気仙沼の消防団員のお子さんの支援に使われています。

 

今回その義援金を、気仙沼の市長さんに直接お届けしてきました。

(その様子は、気仙沼・菅原市長のツイッターにもツイートされています。)

 

日帰りのハードなスケジュールでしたが、3階まで津波に襲われた元・向洋高校の震災伝承館や、震災の年に仮設住宅に植えられた横浜緋桜などを実際に目にして、震災の記憶のない世代のスカウトたちも強く感じるところがあったようです。もらい、これからも被災地との絆を繋いでいってほしいと思いました。

続きを読む

「ガールスカウトやっていてよかった!」OGのお話

128日にアワサンクスデイを行いました。

 

アワサンクスデイは、神奈川県連盟第79団独自の行事で、普段からお世話になっている人達に感謝を伝えようという日です。

 

今年は、かつて79団のスカウトで、現在は社会で活躍されている彩さんと麻耶さんのお話を伺いました。

 

お二人のお話は、ガールスカウトをやっていて、学んだこと・良かったこと・今の生活に活かせていることを軸に進められました。

 

はじめに、臨床心理士として働いている彩さんがお話してくださいました。

小さい時は人見知りであまり積極的な性格ではなかったそうですが、ガールスカウトの活動を行ううちに、たくさんの人たちと出会い、人と関わる楽しさを知り、人見知りがなくなり、全国レベルの活動にも積極的に参加できるようになったようです。「性格が激変した」と表現する彩さんは、ガールスカウトをやって自分には未知なる可能性があることを発見できたと振り返ります。

 

また彩さんのケア療法のひとつであるコラージュを体験しました。様々なカタログから好きな絵柄や写真を切り取って画用紙に貼り付けます。それぞれの個性が出たコラージュを見せ合いながら「みんな違ってみんな良い」ということを感じられました。

 

続きを読む